日本のFX業者

日本のFX業者は、FSA(金融庁)、またはJSDA(日本証券業協会)の機関よって規制されています。このレギュレーションの改正(2010年)で、日本の為替取引における規制で、米国と同様にグローバルなFX業界の中では、低いレバレッジ規制の下にあります。しかし、多くの利点があり、スプレッドに関しては、逆に狭く、ほぼ無いように等しく、海外業者ではありえない驚きの機能である。出入金の手軽さ、サービス、信頼性や安全性に関しても、FX日本業者は世界的に比べてもトップ水準ではないでしょうか。私たち、DailyForexはお客様の便宜のため に、信頼の日本FX業者を調査し結果を編集致しました. 。

外為どっとコムは2012年に「世界一口座数が多いFX業者。」として、ギネス世界記録に日本の業界で初めて認定されました。国内でも「口座数」「預かり資産」の2部門で「8年連続 FX業界No.1」を達成した、創業10周年を迎える老舗の外国為替業者であり。親会社がTradition社である事はあまり知られていませんが、巨大なFX業者です。外貨ネクストは無料デモトレードをWeb版とモバイル版で提供している。

 
GMOクリック証券は2012年上半期取引高世界1位に輝いた業者です(日本経済新聞夕刊が報じたフォレックス・マグネイトの四半期別の調査報告書の結果より)。クリック365、FXネオ、バイナリーオプション取引の外為オプション、先物オプションなどの多くの取扱商品からご希望のお取引の選択が可能。創業以来、「より安く、より使いやすく」の理念に基づくサービスを世界レベルで全てのトレーダーをターゲットにし、顧客満足度も常に上位ランクな信頼の業者であります。
 
FXCMは、3年連続でアメリカの急成長企業リスト500で最も急成長している企業に記載されています。 FXCMはFXCM Holdingsグループで本社をニューヨークに拠点を持ち、世界各地の英国、香港、フランス、イタリア、さらにオーストラリアの場所にオフィスが有り,各規制ライセンスを取得しています。そしてFXCMが提供するトレーディング•プラットフォーム上では平均2500億ドルの想定以上のボリュームで毎月取引されています。
 
もし あなたが50組以上の通貨ペアーが取引き可能で評判の良いFX業者を探しているなら、まさにForex.comはあなたが探している業者かもしれません。Forex.com は1999年以来Gain Capital(ゲインキャピタル)によって運営されている金融サービス会社であり、このオンライン取引のウェブサイトは業界のベテランによって開発されたことを確認できます。
 
Planex trade.comは1971年設立の老舗の日本FX業者でありますが、元もとの会社名は株式会社MJで設立し、その後、株式会社外為ジャパン(2011~2012)、さらに2012年9月からPlanexTrade.comの社名に変更されました。取引可能な金融商品の広範なリストを持ち、トレーダーはPlanex Trade.comで常にグローバ ル市場に参加する方法を見つけるでしょう。
 
DMM.com証券は「最も利用しているFX会社」と「スプレッド重視する」と言うトレーダーから第1位に選ばれた業者(楽天リサーチ調査)ですっかり知名度がありますが、ついに2013年1月の世界リテールFX業者で第2位に輝きました。これは昨年9月に外為ジャパン買収による、新たな別ブランド外為ジャパンが加わって以来、急激に数字を上昇させています。日本全国370の金融機関対応でネット銀行からクリック入金は24時間利用可能、取扱い20通貨ペアは業界最狭水準スプレッドを提供しています。