日本企業の景況感は楽観的

2013年7月1日 月曜日 午後 4:00

By デイリーフォレックス

投資家は将来を見て、それによって健全な利益を得るために正しい株式や通貨ペアである裏付け保証を好む。時間旅行が発明されたり、誰かが使用可能な水晶玉を考え出すまで、目先の広いストロークの感覚を得るための自由で最高のツールはビジネス意見の調査である。日本の中央銀行は数千の企業からデーターを受け取り年4回公表される日銀短観調査を後援し、銀行はそれを金融政策を形作るために使用します。

最新の短観調査 (第2四半期末公表) で、日本企業の景況感はほぼ2年振りにポジティブとなって示された。調査では日本の213000程度のうち11000企業以上を含み、したがって実際の日本経済上に予測を写像するべき有意義な標本サイズを提供します。これらのビジネスには少なくとも時価総額2000万円が必要になります。

大企業製造業の短観結果は業況判断指数が大幅に改善し、-8 から+3へと上昇。またこれらの製造業者は、現在の会計年度における設備投資を増加を意図することが示された。アナリストは、安倍首相の選挙以来、他の主要通貨に対する円の軟化に新しい発見で楽観起因している。円は、2012年末からドルに対してほぼ4分の1下落している。これは、日本の輸出品が市場の輸入でより競争率が高い事を意味します。また、外貨建ての利益が日本に送還されたとき、より多くの円の価値、収益性を高めていることを意味します。円安の欠点は、それがエネルギーとドルで販売され、生財のコストを押し上げることです。日本は2011年3月の地震と津波以来、安全チェックや政治的な理由でほとんどすべての国の原子力発電所がオフラインを取り、電力生産のための化石燃料輸入の大きな依存につながった。



Dr. マイクキャンベルは、英国の科学者やフリーランスのライターです。マイクはゲント、ベルギーで博士号を得て、英国を去って以来、ベルギー、フランス、モナコ、オーストリアで働いてきました。ライターとして、彼はビジネス、科学、医学、環境科目を専門としています。

DailyForex ニュースレター
  個人情報を保護
0 コメント

ご登録はユーザーのセキュリティ保護のため必要です。Facebook経由でログインする事で、   お友達とあなたのコメントを共有したり、言いたいことがある時、DailyForex へ迅速かつ安全にコメント投稿するために登録

ログイン | 今すぐDailyForex.com のアカウントを作成する