固定スプレッド対 可変スプレッド

By: Christopher Lewis
あなたはFX業者で買い物をする時, 2~3の異なったタイプのスプレッドが存在する事に気づくでしょう。ひとつはスタンダードの“固定” スプレッド。これはスプレッドが何がなんでも同じままであるというが意味です。もう一方の “可変” スプレッドは市場が決定したスプレッドです。これが上下できるのは、その時の最高Bidと提供価格によります。

固定スプレッドでは、業者は常に同じスプレッドを保証します。これはトレーダーの取引コストの計画により効果的に働き、Bidや提供価格が既に分かっているので、取引を置く時にどれだけ異なるかを助ける。緊急ニュースが発表されても、乱高下の時でさえ、このスプレッドは同じままです。業者が3 ピップのスプレッドを USD/JPYに対して保証するとしたら、短い時間枠の取引には、乗り切る量が一定 であることは役に立つ。上記の例の取引に対して利益を獲得すには、最低4ピップが必要だと前もって知る事が可能である。

可変スプレッドは単に長くベストBidな価格を提供することを、業者はあなたのためにどんな瞬間でもそれを見つける事ができます。流動性が高い時間帯は、このスプレッドの業者は低い傾向にある。これは取引を全体的に安くするが、この時期は市場状況によってもリスクは伴う。例として、アジアの取引時間では上記のUSD/JPY通貨ペアーは3 ピップ、おそらく1.8 ピップなどより低いかもしれません。これはより低コストな取引を作り、常に加算されます。しかしながら、市場の発表時には受注量が縮小して、スプレッドは拡大する可能性があります。米国の非農業部門雇用者数発表の間は、この通貨ペアーは簡単に20ピップを持つ事ができた。可変スプレッド業者はこれにより重要なニュースの発表中は極めて困難であります。

両者の違いは、長期間のトレーダーになるほど問題ではなくなっていく。これは高い時間枠ではトレーダーはあまり取引が置かれない、一握りの損失したピップを獲得するための取引コストは全体像の取引結果として最小であるでしょう。このスプレッドの違いは各取引に何百ピップも志していない短期間トレーダーの単純な関心ごとである。これによって、一部のトレーダーはこの違いに気づく事ができません。しかしながら、あなたが市場をスキャルプ しようとしているなら、– それは全ての違いを世界に生じる事ができる。

DailyForex.comチームは、ユニークな展望であなたのFX取引向上に役立つ便利な分析を提供するために終日市場を監視しする世界各地からのアナリストと研究者で構成されています。