ダウ平均株価、フロンティアをさらに押し上げる

Dr. Mike Campbell

ダウ平均株価が過去の記録を塗り替え、未チャート域の新フロンティアに達した。ダウが記録値14256ポイントに達し、金融危機以前の2007年10月レベルの14164ポイントの記録を更新した。

ダウ活況のニュースがグローバルマーケットの上昇を引き起こした。ロンドンFTSE 100インデックスの終値6432は2008年1月のレベルである。アジアでは日経平均株価が1.1%高の終値となった。日経は、デフレ脱却および景気を刺激するための活動を約束する安部政権の選挙以来、強気の期間を経験している。株市場も香港、上海、シンガポールで高い終値でクローズした。オーストラリアでは株市場は0.9%上昇し、オーストラリアおよび日本の取引所では2008年9月に見たレベルで取引が行われている。

ダウは記録領域に戻ったがグローバル金融危機の強烈さの傷跡として、インデックスは2009年3月で6547ポイントという低値に下落したことを思い出す必要がある。投資家が正しく株を選択し2009年にマーケットに参入していたらきっとぼろ儲けをしていただろう。見方を若干変えてみるとグローバル金融危機はグローバル経済から5年間もの成長期を切り取ったことが明らかに見えてくる。景気のサイクルに山も谷もある一方でこの危機は1930年代の米国に起こった大恐慌以来、最も持続した下降曲線であると言える。

グローバルな回復はまだゆるやかで、現代風な表現を使用すれば現在は、「逆風に向かって」いると言えるだろう。一連の米国支出削減が実行され始める中、「自動削減」の影響はまだ感じられていない。多くの先進諸国の失業率も不快なほど高い。先週の煮え切らないイタリア総選挙結果がユーロゾーン第3の経済大国の発展へどのような影響を与えるのかまだ決定されておらず、世界の主要な経済は大幅な債務を抱えているが。。。まぁ、いずれにしても今の瞬間を楽しむことにしましょう!

Dr. Mike Campbell
Dr. マイクキャンベルは、英国の科学者やフリーランスのライターです。マイクはゲント、ベルギーで博士号を得て、英国を去って以来、ベルギー、フランス、モナコ、オーストリアで働いてきました。ライターとして、彼はビジネス、科学、医学、環境科目を専門としています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.