日本の小売売上高に失望

Dr. Mike Campbell

どんな経済の国内市場も、通常はその国の国内総生産(GDP)の数字に最も貢献する。日本は1990年代半ばからデフレに陥ってきた。しかしデフレは国際決済銀行(BIS)の論文によると、 "マイルド"とみなされてきた。物価のデフレの結果、消費者が最終的な購入価格は今日よりも低くなると言う知識で出来るだけ長く大きい購入を遅らせる。内需の足かせ要因としてのこの行為は、生産者が商品にしたくないので、自分たちの手で販売することはできません。

ちょうど日本の経済省が発表した小売売上高は前年比2.3%減少したことが示された。; これはほとんどのアナリストの予想の2倍近くだった。しかしながら、前月の小売売上高は1月度比1.6%増を示した。

安倍晋三政権が経済をブーストする事が重要な目標であると述べる。この一環として、彼らは、2%のインフレ目標の数値を設定することを日銀に説得しました。これは、ほとんどの他の中央銀行と一直線に広くあるが、他のほとんどの銀行がこの水準にそれを制約しようとするのに対し、日本の場合、彼らは目標に向かってインフレ増加確認することを望んでいる。

それは、日本の賃金上昇のために用意されている場合は、国内部門の成長を育んでのみ可能であるかもしれません。所定内給与はデフレの結果として部分的には日本では減少している。

日本の輸出は円安の後押しを受けなければならない。円はアメリカの大口預金者への課税と封鎖の影響、さらにキプロス救済によるヨーロッパの潜在的な影響と不安の上に最近強化している。

Dr. Mike Campbell
Dr. マイクキャンベルは、英国の科学者やフリーランスのライターです。マイクはゲント、ベルギーで博士号を得て、英国を去って以来、ベルギー、フランス、モナコ、オーストリアで働いてきました。ライターとして、彼はビジネス、科学、医学、環境科目を専門としています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.