FX展望: 先週の取引動行 -2013.4.15

Dr. Mike Campbell

先週の取引の終わりには、世界の主要市場のすべてが値を上げて取引を終えた。

ヨーロッパの1週間は、FTSEは2.2%上昇、終値6384.4;ダックスは終値7744.8、週のコースで1.1%上昇;CACは、1.8%増で3729.3でセッションを終了。

ダウは2.1%上昇し14565.3で高値で週を引けた。ナスダック総合指数は週にわたり2.8パーセントを作り、3295で引けた。

日経225は5.1%高、終値13485

為替市場では先週、ユーロは、最高の取引を見た。先週ドルは対スターリングで弱く一週間で0.19%の損失、終値1.5364。ドルは対ユーロで先週弱く、0.52%滑り1.3094で引けた。ドルは対円で前週比2.2%高を記録し、98.97円で引け、日本の通貨に対し強化した。

ユーロは対円で強化し、前週比2.7% 高、終値129.6円。ユーロは対ポンドで先週0.33%の底を作った。; 終値1ポンド=1.1734.ユーロを見せた。

商品市場では、ブレント原油の価格は(5月先物)1バレル当たり103.1ドルで引け、値を下げて取引を終えた。金の価値は先週の価値を超える2.1%安を表し、1オンス当たり1535.5ドルで引け、先週低かった。

この記事をサポートするデーターは、Bloomberg, The Financial TimesX-ratesから引き出されます.

Dr. Mike Campbell
Dr. マイクキャンベルは、英国の科学者やフリーランスのライターです。マイクはゲント、ベルギーで博士号を得て、英国を去って以来、ベルギー、フランス、モナコ、オーストリアで働いてきました。ライターとして、彼はビジネス、科学、医学、環境科目を専門としています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.