ドイツ経済は第1四半期にかろうじて発展

Dr. Mike Campbell

By デイリーフォレックス

もしスター•トレックなら、スポックはドイツQ1経済データの詳細を調べ、論評するだろう。ドイツは2013年のQ1成長率を戻すことに成功したが、数字はたったの0.1%。 EU最大の経済は2012年の第4四半期に0.7%縮小したので、さらなる収縮が国家の不況に圧をかける。- この四半期で見られる成長はほとんど壮観ですが、少なくともそれは、ドイツが不況に戻るのを防ぎました。

ドイツ経済は急速に力をつけそうにない。- 2013年第1四半期の経済は2012年第1四半期に対しての直接比較で1.4%の縮小したことを示し。数値は改訂の対象であるが、輸出は1.8%、輸入は2.1%減少し、国内需要は家計支出と強化し四半期で0.8%の上昇を示している。実際、ドイツの市場調査グループGFKが実施した2000世帯の調査によると、消費者心理は過去6ヶ月間でそれぞれで上昇している。国内市場では、どんな経済でも支配的であるので、これは少なくとも良いニュースです。

ドイツは、現時点でオーストリアとともに、EUにおける雇用の最高水準を楽しんでいます。それはまた、また、ささやかな賃金協定と消費者信頼感の促進に役立つインフレ減少の数字を経験している。金曜日に、IFO景況感指数は下がり感情の2ヶ月後に反発した。5月の数字は、4月の104.4から105.7に上昇 – 100水準以上の数字は、楽観的な展望を示す。

大部分のアナリストは、インデックスが今月不変のことを予期した。。

ドイツの経済が発展する一方で、欧州圏ブロックは全体として2013年Q1に縮小し続けた。
欧州圏の経済はQ1に0.2%収縮。そして、その収縮は6四半期連続で、一括してこれまでに経験した最も長い不況とした。

Dr. Mike Campbell
Dr. マイクキャンベルは、英国の科学者やフリーランスのライターです。マイクはゲント、ベルギーで博士号を得て、英国を去って以来、ベルギー、フランス、モナコ、オーストリアで働いてきました。ライターとして、彼はビジネス、科学、医学、環境科目を専門としています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.