フランス失業率が増加、15年振りの高水準

2013年6月7日 金曜日 午後 1:00

By DailyForex.com

ユーロ圏で2番目に大きいフランス経済。フランソワ•オランドは大統領が、退任したサルコジ大統領発信の緊急政策無しに、国の経済問題を解決すると誓約し2012年5月に権力を握った。一年後、フランス国家が過去15年で最悪水準10.8%の失業率に苦しんでいる。フランスも他のヨーロッパと同様に低需要成長と雇用創出を妨げる、継続的な債務懸念の問題に直面している。それが0.2%縮小した2013年Q1(第1四半期)の終わりに経済不況に戻った。

オランド大統領は、フランス経済は2013年に停滞すると予測しているが、国際通貨基金(IMF)は、それが0.2%縮小すると予想している 。フランスの柔軟性を促進するために、その労働法改革の過程にある - 最近可決された法案は、会社が一時的に労働者の時間を縮小するか、経済困難の時期に支払うことを可能にした;ドイツでは一般的な施設。また、それは雇用者は人々を解雇すること、従業員には仕事の変更を容易にする予定です。IMFは、フランスに労務費を下げて、かつ成長および国の競争力を後押しするために、さらなる課税強化を差し控えを促しました。

フランスの赤字は、引き続き3%とEUの目標値以上にあります。また、ECは年内に3.9%水準に入ると予言します。フランスは、さらに2年が目標水準より下でにその赤字を返すことを認められました。

ヨーロッパでの全ての雇用の4分の3は、SME(中小企業)によって作成される、そして、ECBがユーロ圏を横切って成長と雇用創出の後押しを企て、それらへの融資を向上させる措置を発表する憶測があります。経済に銀行の流動性と資金のつぎ込みを後押しするために、数多くのインセンティブにもかかわらず、それはまだ広く中小企業が展開する必要な資金調達が不足していると考えられている。

Dr. マイクキャンベルは、英国の科学者やフリーランスのライターです。マイクはゲント、ベルギーで博士号を得て、英国を去って以来、ベルギー、フランス、モナコ、オーストリアで働いてきました。ライターとして、彼はビジネス、科学、医学、環境科目を専門としています。

DailyForex ニュースレター
  個人情報を保護
0 コメント

ご登録はユーザーのセキュリティ保護のため必要です。Facebook経由でログインする事で、   お友達とあなたのコメントを共有したり、言いたいことがある時、DailyForex へ迅速かつ安全にコメント投稿するために登録

ログイン | 今すぐDailyForex.com のアカウントを作成する