緩和終了の疑問がドルに圧力

Barbara Zigah

By: JP DailyForex.com

米ドルは,FRB(連邦政府)の刺激策は短期的に取り下げないだろうという新たな期待に、米ドルは日本円に対して安定した圧力に直面し、水曜日に1%以上滑っていた。先週FRBバーナンキ議長は、本質的に中央銀行は次の政策会議中でもその決定をしないかもしれないと確認し、今後の経済指標が決定要素である。市場は米国指標ポイントの最近の改善はFRBの結論につながることを期待していた。QE対策は早かれ遅かれではなく取り下げることができるが、しかしFRB連邦政府は、静観の態度が慎重に残ると考えているようだ。

東京外国為替市場の午後12:42 (JST) 報告によると, ドル/円相場は0.2% 低、100.90 円で取引, 前回のセッション中にEBS取引プラットフォーム上でヒットしていた100.585円の低値からやや回復。米ドル指数は, その主要なライバルに対するドルの強さを測定し、また0.1%を流し、83.594DXYで取引、先週の3年振りの高値84.498 DXYから離れた。EUR / USD相場は比較的安定してわずか一週間前に確立されていた1週間の高値1.2998ドルの近くを保持し、1.2944ドルで取引。

Barbara Zigah
バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.