来るバーナンキ議長の証言、滑るドル

Barbara Zigah

By: デイリーフォレックス

投資家は、その超金融緩和政策を続行するか、引き締め段階の設定が開始されるかの連邦準備銀行から手がかりを待つように、米ドルは軒並み弱体化。バーナンキFRB議長の水曜日の米国議会での証言、そして、FRBの他の当局者による最近のコメントは、中央銀行が予想よりも早く刺激スロットルに引き戻す可能性を憶測に上昇を与えている。米ドル指数は、そのピアと比較したドルの強度ゲージは0.6安、DXY 83.764と減少し、先週の金曜日には3年振りの高値を打った。

USD/JPY 相場は、0.8%低、102.31 で取引されたが、低値102.16円からやや回復した。;先週後半 は、ほぼ100 pip高で 取引。日銀が今週に円の着実な劣化を遅らせる、現在の政策調整にあるサポートを与える憶測があるが、通貨アナリストは完全な停止がありそうも無く、緩和政策が長期間で維持されると考えます。EUR / USD相場は、1.2894ドルの高セッションから戻って滑り$1.2884から0.4%じりじり高;先週ペアは1.2795ドルで6週間振りの低値を打った。ドルはまた、オーストラリアドルに対して0.9%とスターリング•ポンドに対して0.6%の下落となりました。


Barbara Zigah
バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.