ECBの決定に大きな打撃を受けたユーロ

Barbara Zigah

By: JP DailyForex

欧州中央銀行は、ベンチマークレートを0.25%〜0.5%下げることを昨日発表した後、ユーロは急落した。一部のアナリストは、ECBは金利率引き下げをこの辺りで延期すると期待したが、統一見解は利下げが長年の懸案であるということだった。ECBのマリオ•ドラギ総裁は、ECBは技術的に準備ができており将来的にはネガティブの預金金利を考慮しても構わないと述べた。銀行が意味することは、夜通しの預金収入を稼がず、貸す代わりに、どんなリターンでも得ることを強いられます。

発表後のEUR / USD相場は1.3062ドルへわずかに回復する前に、1.3036ドルへ下落した。それでも0.87%安。アナリストは、結果としてユーロは1.2920ドル領域のさらなる弱体化を見ることができると信じています。しかしアナリストは、米連邦準備制度理事会から追加緩和の見通しは、共通通貨のための潜在的な下落を制限する可能性があると述べる。水曜日にFRBは現在の政策は変わらず維持する意向を発表したが、必要であれば、それはさらなる措置を取ると述べた。完全雇用は、連邦準備局の2つの権限のうちの1つです。米国労働省は、今日後に4月の民間部門雇用統計を発表し、新規雇用数はおそらく追加の圧力の下でドルを置く期待に応えることができないはずである。

Barbara Zigah
バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.