ソフトな米指標発表、FRB政策を再確認

Barbara Zigah

By:デイリーフォレックス

米国の景気回復は以前考えられていた堅牢性ではなく、連邦準備銀行の現在の超金融緩和政策の継続の可能性が示唆されたデータ発表後、米ドルは共通通貨ユーロに対して3週間の谷の近くに保持し続けた。極めて重要な住宅部門と労働状況の最新の測定値によると、保留中の住宅販売は3月の7%から4月は10.3%へ上昇したが、それは12.9%引き上げ期待に反した。:失業手当の新規および継続請求も共に予想外に高かった。

シニア市場エコノミストによると、東京市場参加者はFRBが債券の購入スキームを引き締め始めると期待、それらの期待からドルは当分破線でコンソリデーションの期間を受け入れる可能性が高い。

東京外国為替市場の午前10:17 a.m. (JST) の報告では, ユーロ/ドル相場は、平たく木曜日の3週間振りの高値1.3062と遠くない1.3045ドルで取引された。ドル/円相場は0.3% 高、101.02 円、日本の輸出業者が月末のアカウントをドル紙幣を買って決済される期待からブーストを得た。

米ドルは83.051 DXYで取引され、昨日の2週間の谷82.955 .DXYから移動した。

Barbara Zigah
バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.