堅実な経済指標にドル堅調

|

By: デイリーフォレックス

米ドルは、中国の信用収縮が差し迫っている事を恐れ心配する投資家により、セイフ・ヘイヴン駆動の日本円に対して下落した。しかし、米国ドルは、最近の米国指標により、他の通貨に対してサポートされ、その資産買入れプログラムを縮小するための連邦準備制度理事会の意図が置き忘れていない事を示唆する。

住宅価格も7年以上振りのと水準にまで跳ね上がり、耐久財受注も予想外に上昇した。その間の事業支出の見通しは3ヶ月連続で改善。

東京外国為替市場の午後1:11 (JST) 、USD/JPYペアは 前場の高値98.23 円から滑り97.79円で取引 されたが、火曜日の低値の以上に留まった。米ドル指数は, その主要ライバルに対するドルの相対的な力のゲージは、0.1%増、82.626.DXYで取引。やや高値セッションであったが、 昨日82.241 .DXYを打った際、上手く低値上を打った。

EUR/USDペアは 低値1.3063ドルで取引。アナリストは2つの中央銀行が景気刺激に反対の立場を取るので、ペアのギャップが中期的に広がる可能性があると考える。; ECBのマリオ・ドラギ総裁は最近、銀行がまだその金融緩和政策を再考する準備ができていないと述べた。

バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。