最近の統計にドル強気筋は失望

Barbara Zigah

米ドル指数は、連邦準備制度理事会の既存の金融政策の継続を支持し、更に失望する経済データの結果から、最近打った1ヶ月振りの低値から離れてじりじり上がりました。米ドル指数は82.756DXYで取引、月曜日のISM製造業景気指数の発表後に打った、ほぼ4年振りの低値82.428 DXYから回復。

ニュースもまた、米ドルは100円の鍵以下で先月の4年半振りの高値103.74円からさらに下降し、4週間の谷98.86円に送り戻された。USD/ JPY相場は99.60円まで回復したが、日本政府はおそらく年金基金事業者が海外資産と株式の投資を求めることを奨励する可能性がある。米ドルへの圧力も3週間以上振りに1.3100ドル水準の上取引でEUR / USD相場を持ち上げた。

オーストラリア準備銀行が2.75%で金利を据え置くというニュースに続いて、AUD / USD相場は、約12ヶ月で最大のシングル取引ゲインのほぼ2%を獲得見た月曜日の0.9792ドルの出直りからかなり滑って、低値0.9725ドルで取引された。


Barbara Zigah
バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.