新たな連邦準備制度の発言は米ドルを後退

Barbara Zigah

By: デイリーフォレックス

投資家はFRBの資産購入プログラムが差し迫って縮小される可能性が高いことが示唆された先週の矛盾するバーナンキ議長の声明、連邦準備制度理事会の二人の高官によって行われた意見を再考するように、最近の米ドル出直りが一時停止した。

アナリストは、連邦準備制度のダラス連銀リチャード•フィッシャー大統領とミネアポリス連銀ダラスのナラヤナ・コチャラコタ総裁、それぞれによって少ないハト派(バーナンキより)コメントが現実に戻って市場に期待をもたらす可能性があると述べた。

確かに東京為替市場の午後12:16 (JST)の報告で米ドル指数は最近打った3週間振りの高値から素早く引き戻され0.2% 滑り82.381 .DXY で取引され、その間EUR/USDペアは1.3059 ドルから1.3129ドルへと上昇移動した。ドル売りはキャリートレードとして商品連動ペアに対してより実質的に迅速に市場のプレーヤーによって解かれたように打撃を受けた。

AUD/USD ペアは月曜日の33ヶ月振りの低値から上手く移動し高値0.9274ドルで取引, 一方NZD/USDペアも0.7757.ドルに滑る前に0.7774 ドルと高く取引された。通貨ストラテジストは依然として米ドルが長期的に強化する態勢を整えており、投資家は慎重に米ドルのロング・ポジションへのエクスポージャーを増やすことの推奨を述べる。

Barbara Zigah
バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.