セイフヘイヴン需要がドルの流入を後押し

|

By: デイリーフォレックス

セイフヘイヴンのアメリカドル(有事のドル)は、連邦準備制度理事会が真剣に資産購入プログラムの全てでなくとも、一部の制止によりその超緩和政策の停止の検討を発表後、金曜日のアジア市場取引時間に大量需要があった。その発表は主に緊急市場およびそれら商品連動通貨、そして有事の買い通貨である本来の米ドルだけでなく、少なくとも英ポンド、ユーロの急落に繋がった。

バークレイズ銀行のアナリストは、新興市場は米連邦準備制度の金融政策、財空間における先進国経済と創発的ものでより柔軟な価格と成長の格差の期待される正常化を今後与えられた数ヶ月の間にある重要な課題を見ることができると述べた。

ドル紙幣のその専攻科目に対する強さの指標が凝視すると見られた米国ドル指数は、81.693.DXY(今週1.4%高)で取り引。

東京時間午前11:06 (JST) の報告では、EUR/USD 相場は水曜日の高値1.3414ドルから滑り戻り1.3236ドルで取引された。

AUD/USD相場は1豪ドル=0.9195米ドルに回復前に、3年振りの低値0.9163ドルへ下落。 その間NZD/USD 相場は反転し数ピップ増加で1NZドル=0.7761米ドルに落ち着く前に1年振りの谷、低値0.7710米ドルで取引された。

バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。