米ドルは牽引に闘争

|

By:デイリーフォレックス.com

米ドル指数とは、投資家が主要通貨に対するドルの重さを測り比較に使用する指数で、連邦準備銀行がその既存の景気刺激策の一部手綱を締めるかどうかに関して投資家が議論し、アジア取引セッションで4ヶ月の谷近くを保持した。

東京外国為替市場の午前10:11 (JST)の報告では、インデックスは80.936 .DXYで取引され、2月に見た価格80.748 .DXYから少し回復した。;インデックスは3年振りの高値84.498 .DXYを打った5月下旬以来、その価値は約4%減少。同セッション中にEUR/USD相場ではドルは4ヶ月振りの安値で1.3359で取引。一方、USD/JPY相場は低値95.13円で取引された。

ドル紙幣は、さらに中国の経済成長の減速を暗示した最近のデータにもかかわらず商品通貨と戦っていました。; AUD/USD相場は火曜日に打った33ヶ月振りの低値から移動し、高値0.9500ドルで取引された。0.9522ドルのピーク高値の後, 現在の豪ドルは予想外の雇用状況統計で失業率5.5%低下に楽観的で、雇用追って、低値0.9456 ドルで取引され1,100 を示す雇用変動は予想10,000.低下
に対して追加された。

バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。