ユーロ/ドル テクニカル分析2012年12月19日

Christopher Lewis

ユーロ/ドルのペアーは火曜日に1.3150レベルで強さを見せ付け、現在は支持として動作しているように見える。しかし最近のユーロは弱気であり、このペアー関与していなかった。ヨーロッパが直面している深刻な問題があることをまだ信じています。しかしながら、それは市場がFRBとその行動に焦点を当てている事は明確である。同様にいわゆる"財政の崖"の議論は、ワシントンDCで起こっている。

市場の価格設定は議会と大統領の間のあるタイプの協定にあるように見られる。そして進行中のリスクで取引は続くでしょう。また、年末にかなり頻繁に"サンタクロース・ラリー"と呼ばれるものがウォール街にあることを心に留めておくべきです。このリスク資産のために一般的には暦年の最後の数週間の間は認められる。

ローソク足の強度にはちょっと以外でした、そして、1.32へ移動を考える時に、少し波立っていた事を認めます。未だに極少ない雑音が1.34レベルへまたがりながら分かります。しかしそれはバイヤーが本格的に楽観主義をコントロールしている事が益々明らかになっています。

今後の非流動的な条件

市場は次のいくつかのセッションの間、流動性は減少するので気をつけてください。これは一方向または他の大規模なスウィングにつながる可能性があり、この悪い動き側は望みません。ストップ・ロスは今まで以上に重要になることである、1.3100レベルを下回って打破できたらということから、少なくとも当分の間で強気な動きはオーバーすると思うことができる。

プルバックで支援活動するある種のように、火曜日からのセッションはもちろん高値のブレイクで非常に強気になる。DCの財政協議で完全なメルトダウンのいくつかのタイプを取得しない限り、このポイントでの売買はほとんど不可能に近い。そうでなければ、ユーロの雄牛がコントロールするかのように見える。ユーロ/ドル テクニカル分析12月19日

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.