週刊主要通貨ペア予想- 2013.2.3

Christopher Lewis

NZドル/米ドル

このキュウイは、基本的に下落の週であったが、金曜の営業が終了するまでには、このペアは、0.8450レベルを再び試みるのを見た。この時点で、これがどれだけ本当に進むのか、確認する必要があります。かなりの抵抗領域に見られるが、最終的には道を譲るべきである。しかし、この領域は実際、0.85レベルへつながるという事から、この領域が強気に捕捉されるまで、ロング はいきません。このレベル超えの終値を、買いシグナルとして使うでしょう。

週刊主要通貨ペア予想- 2013.2.3

最近の統合は、0.75 レベルへ下降に伸びている。そして結果から、最終的には、0.95レベルをターゲットとして見つけるでしょう。言うまでも無く、これが一晩に起こる事は有りませんが、ペアがこの時点で他の強気行動に参入する、良い意味の一打があります。

EUR/USD

みんな知っているように、このペアの重要なポテンシャルのシグナルである事を見てきた。これを得た今週は、大規模な逆ヘッド&ショルダーのネックラインは破れた。このチャートを見ると、一般的なテクニカル分析は、ヘッド&ショルダーのパターンの高さに等しい、ネックラインからの動きを示唆する。このため、- 1.50レベル以下に届くと思います。実際、このペアのための最終目的は1.4950 と読んでいます。

明らかに、真っ直ぐ上昇しないでしょうが、このペアには明確なバイアス有ります。この意味は、コアなポジションを持つ事ができ、さらに時間の経過のように足したり引いたりする。個人的に私は、このペアのロングで有り、このポイントでのプルバックの構築計画をします.

週刊主要通貨ペア予想- 2013.2.3

GBP/USD

ケーブルは、1.58レベル越えでラリーを終わらせようとしたが、今週下落した。この時点では、このペアが強く跳ねるという全ての望みを諦め、それは完璧に崩れている。しかし、これ以下の現在レベルで、かなりのノイズが有ります。結果から、動向はかなり途切れ途切れに進むと考える。これを念頭に、このペアの将来に多くの弱気を見ましたが、それに煩わされる事はありません。もしポンドをショートで考える場合は,対ユーロでするでしょう。

週刊主要通貨ペア予想- 2013.2.3

USD/JPY

チャートだけが、EUR/JPYペア以上に馬鹿げていた。しかし、この近隣は主要支持線の利点がある。結果から、EUR/JPY ペアよりは、少し興味が見てる。この90 ハンドルは、このペアの少し、 “床”として進んで、どんなプルバックでも、この領域は合理的な買いの支持ローソクを探し始めると考えます。明確に、このペアを売るオプションはありません。

週刊主要通貨ペア予想- 2013.2.3

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.