ユーロ/円 テクニカル分析-2013.3.4

Christopher Lewis

金曜日のEUR/JPペア相場は、120 レベルが引き続き支持を提供し上昇しました。この市場はご存知の通り、過去数ヶ月に渡り並外れて強気であり、結果、次の主要ハンドルが支持動向から落ちたとしても驚きはしません。120 と 115 の両レベルをポテンシャルのバウンスとして見てきた事と過去数回のセッションから、今まさに、それを見る時だと感じます。

火曜と水曜日の両チャートを見ると、このペアの120ハンドルに明確に一定量の関心があり、ユーロが対ドルで130ハンドルに支持を発見する事にも注意すべきです。このため、以前に急速に下げ止まったように、ユーロは継続してこのペアに支持を提供するように示します。

日本銀行は円に対して積極的に取り組んでおり、結果、ユーロの問題の"悪さの軽減” は、円に関してしばらくの期間で欠陥が出るという事を覚えていて下さい。このために、イタリアが絶対として近いうちに爆弾宣言を行わない限り、ペアが引き続き高くなるように見えます。

継続:Continuation

特にこの市場の取引計画全体は、プルバックを待ち、買い始めの支持タイプを見ることでした。この市場での売りに関しての思考は心に入ってきません、確かにこの"馬鹿げたラリー"を衰えさせようとするトレーダーの一人にはなりたくありません。

このチャートを見ると、125 ハンドルまで後退するように考えられる。金曜日に米国から発表された雇用統計指数を念頭に置いて、今後この市場の売りに関してはやや地味になりますが、ゆっくりジリジリ上昇してこのペアは到達する事は間違いないでしょう。売りに関してはしないでしょうが、もしこの時点で弱気を得た場合、117と115 の両方で買い場のポテンシャルの提供があると考えられます。

ユーロ/円 テクニカル分析-2013.3.4

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.