WTI 原油相場テクニカル分析2013.2.4

Christopher Lewis

金曜日のWTI原油市場相場は下落しましたが、最終的にハンマーを形成して反発しました。90.00 ドル水準の支持ポテンシャルに関して時々話したように、それはセッション中に到達して示されました。このレベル1.00ドル水準から重大な反発を生じた結果、このハンマーは強化していくように見えます。しかし、それはいくつかのかき回す要因であり、結果、かなりのボラティリティーの市場を保持が可能でしょう。

連邦準備制度理事会は金融政策緩和を続けます。その結果として、ドルは勢いを失うべきです。しかしながら、イタリアの選挙が市場一般に多くの不確実性を投げ込んだので、これは全くそうでは無く、市場を支配する取引の1つ「リスクオフ」の要因を引き起こします。

しかしながら、私たちが通貨市場のある種類の安定を得ることができれば、石油市場は入札を拾い上げ始めるべきです。皮肉に、たとえヨーロッパ人がまさに石油大国でなくても、見る最も重要なペアは実際にEUR/USDペアかもしれません。事実、ドルは強化していき、その結果– 石油の買いが減少します。これは主にユーロとポンドのせいです。

市場に新たなレンジ?

今、この市場で新たなレンジを見ると考えられます。90.00ドル水準は支持を提供すると思います。その領域下には非常に雑音のように見えます。これは85.00ドル水準への支持へと継続するべきです。結果、最も抵抗の少ない道は長期的に渡り上昇すると思います。このレンジのトップ98.00 ドル水準の可能性があるが、結果、新しい地固めのレンジを形成していると思われる。

この事実に加えて、米国の駆動シーズンから、そんなに離れていません。需要は結果から持ち直すでしょう。これは、価格がやや前進上昇保つのを助けるべきであり、結果として、この範囲をプレイする予定です。金曜日のセッションの高値のブレイクは私は買いました。

WTI 原油相場テクニカル分析2013.2.4

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.