テクニカル分析:ユーロ・円-May 14,2013

Christopher Lewis

By JP DailyForex.Com

EUR / JPY相場は月曜日の取引セッション中に下落したが、ご覧の通りハンマーを形成し、その日の終わりまでにかなりバウンスした。もちろん、このハンマーは132ハンドル上に焦点を当て、結果、より高く継続する準備が整ったように見える。これを念頭に置いて、月曜日の取引セッションから高値のブレイクは確かに買いシグナルで私は完全に取るつもりです。

今後は、過去を見る必要がある。最近、大体600ピップで測定昇順三角形を崩し、その結果として131ハンドルをブレイクアウトポイントとして、そこから600ピップで表示されるはずです。言い換えれば、ハンドル137は、最終的にターゲットである。これは必然的に一夜に起こるが、円関連の相場は最近移動したとしても、おそらくロングはない。

ユーロがバウンスした場合、それは本当の急騰

EUR / USD相場も見ると同様だ。その相場が急騰開始し、1.30ハンドルを上抜きした場合、円の投売りを続けているトレーダーは、この相場の大幅な動きを見ることができ、ユーロの底力は本当に動かすことができます。実際に、それはおそらく起こるだろうと考え、私は全く驚かない。

この相場の売りに関する懸念は、明らかに為す術がない。日本銀行は今後も円安へと自発的なのは明々白々だ。その結果から売りは考えもしない。一方で、反落した場合、130 はこの市場の "床"として、おそらくより多くの優れた買い場のチャンスを提供する必要があるだろう。時々引き戻し(プルバック)が表示されるが、直ぐにはこの相場で120Sは表示されないと思うし、この領域は遠い記憶になってしまでしょう。

テクニカル分析:ユーロ・円相場-May 14,2013

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.