テクニカル分析:ポンド・ドル-May 23, 2013

By デイリーフォレックス 

水曜日のGBP/USD 相場は市場の投売りが続き、むしろ暴落した。この場合から単純に最近見ている下降トレンドの延長であり、上昇トレンドラインのブレークは本当に下降へと加速を開始したようだ。しかし、連邦準備制度理事会ベン•バーナンキ議長は水曜日に米国議会の前で証言したという事実は、この市場は間違いなく崖っぷちに追いやられていると起因し、おそらく金融政策が予想より早く変更することを示唆する。

テクニカル分析:ポンド・ドル-May 23,2013

市場が予想していたよりも早い金融政策の引き締めでは、これは当然のことながら、英国ポンドから米ドルにお金を牽引。この市場は既にそもそも弱気だったので、1.50水準が目標であることが最近示唆されている。水曜日の取引セッションの間に起こったのは本質的なので、実際いくつかの質問があります。

1.50 は保持される?されない?

今現在、 この特定のペアで唯一の心配は、1.50水準サポートは保持されるかどうかです 。もしここで少しの跳ね返りを得たら、売りが表示されると疑われる。そして抵抗ろうそくのタイプを探して売りはじめ、それは特に1.5250ハンドル付近です。他に、もし日足チャートが1.50 水準以下で引けるよう管理した場合、私も積極的にショートで行きます。米ドルの強度は引き続き米ドルインデックスに基づくでしょう。そして結果からさらにこの市場でいくと考えられる。

市場は、サポートレベルを破り、下降するために十分な勢いを拾うことができるかどうかに焦点を当てます。それができない場合、本当に市場が単にバックアップして再度それを打破しようとするでしょう。もちろん、何でも可能であるが、現時点でこの相場が高く行くための理由は、単純にありませんが、もちろん何でも可能です。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.