テクニカル分析:ドル・円-May 17, 2013

Christopher Lewis

By JP DailyForex.Com

USD/ JPY相場は、本質的にどこにも行かず2日目の安値として木曜日に上下した取引セッションを持っていた。これはかなりの驚きであるが、かなり重要な上昇の動きとして、ほとんどの上昇三角形からのブレイクダウンを見てきた。それはサポートのブレイクアウト水準の再確立でプルバックするのも時間の問題です。

明確に引き戻し(プルバック)で、このペアを買うことになります。明確に、日本銀行に基づき世界の誰もがロングなので、このペアのショートはできませんが、最終的にあるタイプのプルバックがおそらく来ます。それは、単に買い場のチャンスとなるので、振り返ってすでにロングポジションを追加するべきです。

長年のトレンド

もはや、円安は長引く複数年のトレンドになると確信しています。それは、率直に言ってこのペアだけでなく一般的に円に対して、クロス円では何でもそうです。最も明確にユーロを含む世界中の他通貨が強化した。これは絶対に他のほとんどの通貨に対して虐殺しつつある金も含まれています。

このグラフを見ると、ターゲットである昇順三角形の測定は104円水準の必要が有り、この領域で比較的ショート・オーダーが表示されると思われる。先に述べたように、明らかにこのペアを売りで行きます。率直に言って、私の人生のためにそうするであろう人を把握する事は出来ない。しかし、記載すべき事として、私のブローカー(FX業者)は、小売トレーダーの半分以上はまだこのペアのショートであることをそのWebサイトに掲載されている。これは、100水準の負債が明らかにブレイクアウト後でさえそうである。

今後は、相場の押目のたび買い場あり、年内に110 の印刷を見ても驚かない。

テクニカル分析:ドル・円-May 17, 2013

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.