テクニカル分析:ドル・円-May 23,2013

Christopher Lewis

By デイリーフォレックス

水曜日のUSD・JPY 相場は出直り、テストした新高値104水準をフレッシュに突破した。しかし、連邦準備制度理事会ベン•バーナンキ議長は、量的緩和が市場が予想したより早く多く先細になるかもしれないと連邦議会に提案し、後に続いた全ての混乱反応は取引セッションで少しのプルバックを得た。

このため、市場がそこにリスク資産の多くを売却し、日本の円を買い占めた。ただし、セッションの終了時に、市場が比較的全体に強気のキャンドルで、その結果から跳ね返りを見ました。アメリカ人によって金融政策スタンスの変化を経るとしてナンセンスなこのタイプは、複数の可能性が当たり前になります。しかし、全体的に株式市場で見たドラマにもかかわらず、連邦準備制度理事会が先細り、必ずしもすべてを一度切断しないことを感じます。

トレンドの理由

本当に蒸気の立ったひとつは、議長による米国10年債ノートの証言後に著しいスパイクを見たことです。市場では比較的強い動行で15ポイントを獲得。米国と日本間の金利差は上昇、この市場が全体的に上昇し続けると断言する事ができます.

日本銀行が非常に積極的な量的緩和政策を始めた上で、今特にこれは真実です。
それは、連邦準備制度が徐々に金融政策を好転開始させ、市場を暖め始めているのが表示されている間、米国経済における拡張金利によって、日本銀行は、迅速な長期トレンドへ向かうことから離れています-今しばらくの間、長期的なトレンドになると信じています。

テクニカル分析:ドル・円-May 23,2013

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.