テクニカル分析:ユーロ・ドル相場-Jun 10,2013

Christopher Lewis

By デイリーフォレックス

金曜日の取引セッションでEUR/USD 相場はラリーを試みたが、ご覧の通り引き戻り、それはちょうど1.32水準のトップに形成されたシューティングスターに位置している。領域はちょうど木曜日にブレイクした重要な抵抗領域である。このケースから、この市場は前のコンソリデーション領域の金曜の低セッション以下に戻る設定が出来ると感じることから、1.32水準以下で引けることが出来たら、買いを開始します。この時点では 、述べたこと全てが実行される前に1.31, や1.30に戻る可能 が高い。

このコンソリデーションに戻りは正確な衝撃ではない。これが起こることを完全期待してはいない。ちょうどチャート上に現れたそれは何か訴えようとしている。一方では、上向きをブレイクする事ができた、さらに木曜日以上のどんな動きも十分に買いを開始できる。その時点で1.35抵抗水準を 目指します。

テクニカル分析:ユーロ・ドル相場-Jun 10,2013

欧州問題に何が起こっても?

すこし困ったものとして、我々がヨーロッパの状況を全く無視したという事実です。
市場が同時に、決して両方ともでなく大西洋または他の一方に基本的に集中しているように思われます。アメリカに関して心配し2、3ヵ月を過ごしました、そして、ヨーロッパ地域について心配しここ数月を過ごした。私の質問はとしてはもちろん、いつまた再びヨーロッパについて心配し始める?かである。

ヨーロッパにおける数種のインデックスは非常に疑わしく見え、それは下抜き準備が出来たように見える。通常の疑いとして、イタリアのMIB, スペインの IBEX, そしてFTSE 指数は必ずしも健康には見えません。このため、直ぐに必ずヨーロッパに焦点を当て始めると思われます。それが行われる時は、もちろんユーロを罰する時である。しかしながら、現在の取引は前述上で私の動行計画です。

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.