テクニカル分析:ポンド・ドル- June 20,2013

|

By デイリーフォレクス

GBP/USD ペアは水曜日の前場に出直りを試みた後、むしろ難しくなった。連邦準備制度理事会後の数分後、特に連邦準備制度理事会が今年下半期に量的緩和漸減と最も重要なことには2014年半ばまでにそれを完全にする事を連邦準備制度理事会議長が述べ、もちろん市場を混乱させました。市場に関する限り、これは時間に先立つ平年度です。また、もちろん債券利回りが上昇したとともに、米ドルに流れ込む資金がありました。

一方では、残念ながら欧州での成長に結びつく英国がある。欧州はむしろ弱く見え、その結果から英国銀行が金利引き上げにはかなり長引く可能せがある、もしくはそれを起こさせる。このケースから、水曜日のレンジの底をブレイクした場合、この市場は重要な移動もかなり低いと感じる。This shows the これは1.55 水準がブレイクダウンしたのを示し、それを成し遂げ低く続けば、もちろん極めて重要になります。

その一方で…..

もちろん一般付近でサポートロウソクを見ることだできました。この場合から、このプレイ方法を見て待つ必要がある。水曜日のレンジのブレイクして売り開始決定するのを待つのはそのためです。最終的に、もしこの一般付近にハンマーを形成した場合、それは優れた買いシグナルであろう。

今後は、全てがどう解釈されるかであるが、言っておくべき事は現時点で物事はむしろ不安定である。US ドルは最近大幅に投売りされたので、確かにこの時点では相場以下の値をつけられ、継続した弱体化は正確に私を驚かせ、現在の議論の土台です。もし水曜日の低セッションをブレイクしたら、1.5250水準に向かって下がる可能性高いと感じます。

テクニカル分析:ポンド・ドル- June 20,2013

クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。