テクニカル分析:ポンド・ドル-June 21, 2013

|

By デイリーフォレックス 

GBP/USDペアは木曜日の取引セッションで下落したが、1.54水準の近くにサポートが見られ、1.55台の上で引けるのに十分に跳ね上がった。もちろんこの結果のハンマーは非常に重要な強気の兆候とし、実際にこの領域の下のサポートがどの程度存在するかを示した。チャート上で示されていないが、38.2%フィボナッチリトレースメントもちょうど1.55台の下にあることも留意すべきである。

チャートを見ると、ハンマーから市場が1.5750水準台に戻るケースを論証できる。それは古典的なテクニカル分析シグナルです。最終的には1.55水準を上手く上抜きし、現在戻るサポートのためにそれを再テストします。今後、このペアはいつか1.60台を見つける可能性があるが、その間に多くのボラティリティを見るでしょう。

今のところは市場を信用しない

この事実から市場を信用せず、たぶんかなり低ボリュームで実行されるとも思う。もしロング・ポジションを見つけたなら、そのストップ(決済)は迅速に行う。最終的に成功トレーダーの1部になるには取引資本をそのまま維持する、と述べるのが今時点では取引するより簡単だ。

通貨市場での激しい動きは確かにかなりの人が述べ、最近の取引は時に非常に困難だという発見を認めざるを得ない。

このため通常より多少慎重になるが、このチャートを見るとあまりの暴落に議論する事も出来る。簡単に言えば、おそらく跳ね上がり(バウンス)に起因するとして、たとえそうだとしても英国ポンドから米紙幣の弱化を見る可能性が示されたため,今現在の対米ドルの賭けはおそらくかなり危険である。

テクニカル分析:ポンド・ドル-June 21, 2013

クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。