テクニカル分析:ドル・円-June19, 2013

|

By デイリーフォレックス

火曜日の取引セッションでUSD/JPY相場は95台が実際少しの サポートを提供しているのを確認し上昇した。事実、買い支え値はここから下がって94台まで拡張し、その結果から買い手がこれらの低水準で介入するのを見続ける必要があります。

このチャートから最近ご覧の通り大規模な投売りがあります。また、それは多かれ少なかれ日本政府およびそれらの金融政策に対する懸念に帰することができました。手短かに言って、私はトレーダーがやってのける事を信じない事に関してますます多くの雑談の声を聞き始めています。この場合から, 多くのトレーダーがこの市場のロング・ポジションを閉じている。

しかしながら、この大規模な投売りでさえ発見した興味深いものは、フィボナッチリトレースメントツールでたったの38.2%下降 であることです。言い換えれば、この最後の800 pipsは急落のレーダーのブリップである。見た目これを信じるのは非常に困難であると思うが、現実にはそれは本当でかなり頻繁にトレーダーは短期に集中する傾向がある。より長期的なものおよび事態のスキームでは、この引き戻し(プルバック)は単純に市場への健全な反応でさらに放物線でもあった。

本日は荒くなりえます:Today could be rough

市場は水曜日のセッションでむしろ困難になるでしょう、単純にそれはFMOC会議ともっと重要な質疑応答が会議後にあるためです。この場合から、私はこの市場は2つの中央銀行から非常に密接に監視されている状況があるという理由だけで、さらに揮発性の一つであろうと感じています。連邦準備制度が大幅に量的緩和の"先細り"の多くの言及があるかどうかを確認するために監視され、それが起こる場合はもちろん、より高金利での市場価格として米ドルの大幅な強化があるはずである。あるいは、その声明の逆転を見たら米ドルの大幅な弱体化としてこのペアをタンクに入れ見ることが出来るでしょう。しかし、本当にアメリカと日本の両方で違いを生ずるものは、10年債の利回りになるでしょう。このペアは強化債券利回りに向かって動き、それらスプレッドに従う傾向があることを覚えておいて下さい。

テクニカル分析:ドル・円-June19,2013

クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。