テクニカル分析:ドル・円相場-Jun 4,2013

Christopher Lewis

By デイリーフォレックス.com

月曜日の取引市場でドル/円相場は1ヶ月振りの100円割れを展開し、むしろ大幅に下降した。100 水準は、最初にブレイクした上昇三角形のトップに重要な意味を持っていた。本当の問題は、この時点で市場がその水準を取り戻すことができるかどうかです。確かに、誰も市場が正確なピップを保持するとは期待していないが、ブレイクダウンはセッション中に一時低値99円水準に達した。もちろん、そこからかなり強気を恐れて、今現在、下降に大幅な勢いがあるかどうかを確認する必要があります。

日本銀行は今だ円安へと働きかけ、その結果から最終的には跳ね上がりを得るか、強気が市場に戻るでしょう。さらに、昇順三角形の上昇傾向ラインを本質的に軽く考えているという事実に言及するべきであり、したがって、常に同様の可能性があるので、それに基づいて保有する。しかしながら、支持の当該サイトに過度に楽観的ではありません。

テクニカル分析:ドル・円相場-Jun 4,2013

期待はずれのPMI 製造業指数

月曜日の取引市場はかなり期待はずれの経済指数が有り、通貨市場では連邦準備制度理事会が流動性手段を継続し,そのため、時間の経過で米ドルが低下するという恐れに米ドルは投売りされた。

太平洋の対岸においては、自身の通貨価値爆破に自発的である日本の中央銀行を持つので、これはもちろんこのペアに対して有意です。
ある意味では、これは「楽勝」取引に最も近いものとして外国為替市場で見つける可能性がある。

今、実際の質問はこのペアを捨てたことは、まさに「弱い手」であり、あるいは何か根本的な変更です。この時点で、恐らく前者2つが正確であると思います。
しかしながら、買いを始めるために終値100以上を見る必要があります。売りに関する限りでは、私は非常に躊躇します。


Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.