テクニカル分析:WTI原油-June27, 2013

|

By デイリーフォレックス

水曜日のWTI原油市場は前場に下落したが、ご覧の通り93.50ドル水準近くに十分なサポートを見つけ跳ね戻り95.00ドル水準の上で引けた。その上で、セッションは前にシューティングスターがあったので、この市場は比較的タイトなエリアで統合しようとしているかのように今見える。圧密面積の高は96.00ドルレベルであり、コンソリデーション・エリアの低値94.00ドルの近くは市場が横にグラインドする準備ができて見えます。

上記のケースから、今後多くの途切れの可能性のように見え、それはかなりの時間でこの市場の手口として表示されてきた。このため、全体的に4月下旬のとても信頼感があったように92.00ドルと97.00ドル間の全体的な統合の継続を期待したいが、この市場での取引は非常に困難だと分かった。

需要と供給

軽質スイート原油に関しての需要と供給は、経済指数は相対的に一週間全体を見続けた上での質問になり、それには米国も含まれます。このケースから、いかなる優れた期間でどんなポジションでもこの市場で持ちこたえるのに苦労します。結局のところ、私の意見では何よりも多かれ少なかれ米ドルの価値によって駆動される。この場合から、私はこの市場での取引は少し躊躇します。

もし92.00 水準を下抜きできたら, 90.00 水準は市場が志す次の領域だと思われます。それに加えて, もし97.00 ドル水準以上を得た場合、この市場は比較的ショート注文で100.00ドル水準 に上がって行くことができるでしょう。その上は, この市場が本当に上向きに急騰を開始する事が可能だが、実際にそれが実現したら、市場はある種のショックを得るでしょう。夏バランスの継続した途切れと非常に冷淡な取引条件を期待します。

テクニカル分析:WTI原油-June27, 2013

クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。