Barbara Zigah

Barbara Zigah
掲載記事 123

Barbara Zigah について

バーバラ ジガ(Barbara Zigah)は 、外国為替関連のコンテンツを専門とした、  ガーナ出身のフリーランス・ジャーナリストです。; 彼女のオンライン作業は、IB Times, NASDAQ, Benzinga, そして Seeking Alphaに登場しています。

最新の記事

新たな四半期が始まり、市場のプレイヤーは連邦準備制度がこの第3四半期末までに出来るだけ早く巻き戻し処理をおそらく開始可能である事を受け入れ始め、現在米ドルは大幅に堅調。

アジア取引市場では、四半期終了が迫り来ると米ドルは日本円に対して上昇したが、共通通貨ユーロに対して苦戦。通貨ストラテジストは、新しい月と四半期が始まる前にユーロものは土壇場の位置決めから支持を見つけ、全体的にユーロは、二回連続した週の損失を投稿する運命にあったと述べる。

ECBマリオ•ドラギ総裁、同様に他2人の職員は、昨日の連邦準備制度とは違って、刺激策が直ちに削減されないとECBの立場を改めて表明した。アナリストは、ECBの意図は世界の2つの主要中央銀行の金融政策とのコントラストを強調する、まさにそれだと信じています。

米ドルは、中国の信用収縮が差し迫っている事を恐れ心配する投資家により、セイフ・ヘイヴン駆動の日本円に対して下落した。しかし、米国ドルは、最近の米国指標により、他の通貨に対してサポートされ、その資産買入れプログラムを縮小するための連邦準備制度理事会の意図が置き忘れていない事を示唆する。

アナリストは、連邦準備制度のダラス連銀リチャード•フィッシャー大統領とミネアポリス連銀ダラスのナラヤナ・コチャラコタ総裁、それぞれによって少ないハト派(バーナンキより)コメントが現実に戻って市場に期待をもたらす可能性があると述べた。

月曜日のアジア取引市場では、米ドル指数は上昇、2週間半振りの高値で取引された。;個別にドルの価値は中央銀行の直ぐにでも金融政策の引き締めがあるとの期待が高り、先週のFRBの発表後に円に対して上昇した。

セイフヘイヴンのアメリカドル(有事のドル)は、連邦準備制度理事会が真剣に資産購入プログラムの全てでなくとも、一部の制止によりその超緩和政策の停止の検討を発表後、金曜日のアジア市場取引時間に大量需要があった。

連邦準備制度理事会は計画通りに継続した米国の景気回復から、おそらく早くて年末にはその刺激策を漸減することを昨日発表し、その後アジアの取引セッションで米ドルは大幅に続伸した。

米ドルは日本円に対して最近打たれ2ヶ月の谷近くに残り、それ以上を保持した。しかし、アナリストは、どんなポテンシャルの増加も連邦準備制度理事会が次の金融政策会合で量的緩和問題に対処した後までに制限される可能性が高いと考えます。

アナリストは、FRBの議長は具体的に市場でヒステリーと既存の混乱を抑制するために、現在の資産購入プログラムを削減するために次の措置に対処しなければならないと信じている。市場の信頼を大幅に過去数週間で侵食されており、その要因の集大成は少なくともFRBの今後の政策会議の不確実性ではなく、日本銀行の期待外れの最新発表に失望している。