ユーロ/ドル テクニカル分析2012年12月27日

Christopher Lewis

EUR/USDは水曜日のセッションの間に再び強気で続き上昇した。しかしながら、チャートによって分かるように、ローソクの各頭部にそれぞれ比較的長い芯があるとして、一日の終わりに向かって背を向けるように見られる。

先週、いくつかの低いシューティングスターを見ました、そして以来、星型のローソクを見てきました。しかしながら、私は必ずしもこのポイントの時点に販売を解しする準備ができていないと思います。結局のところ、1.3150 レベルは重要なブレイクの抵抗であり, そして今は支持を重要として機能すべきです。

全てのことが言われていると共に、私は最終的にどちらかの方向にブレイクアウトすると思われます。しかし、現在の市場は150ピップ高い圧密領域を形成しているように見える。結局のところ、ボリュームは次のいくつかのセッション上で少し低くなります。これより、私たちが一方向または他の市場をプッシュするためのヘッドラインのいくつかのタイプを持っていたこの領域から、ブレイクすることが困難になると思います。

市場は"財政の崖”と呼ばれる問題に焦点を合わせてきた結果として、おそらく決議のいくつかのタイプを予想している事を覚えておく必要があります。それを取得できない場合、そのポイントの時に大規模な乱高下を見る事になる。しかし、連邦準備制度理事会が完全に米ドルをブレイクする資産購入プログラム、及び使命を継続する欲望の修正再表示しているように買いのチャンスはより可能性が高い。このため、ユーロは次の数ヶ月の間に複数の可能性で米ドルで獲得していきます。

ヘッドライン リスク

このペアで直面するヘッドラインリスクは、おそらく比較的限られている。私は財政の崖との折り合いを見つけるための障害が最初に大規模な売却を生み出すだろうと思うが、このペアはそれが発生した場合でも時間の経過と共に、より高い価格をプッシュするために、1.29レベルで十分な支持を見つけると思います。実際に このペアが急速に売り払われるのを見れば、あなたの最初の質問はするべきか、そうでないか。既に買うべきか、もう少し待つべきかでしょう。私は市場がこのような一般的な付近では比較的"快適"である事を感じるためです。欠点リスクは確かにありますが、これは来年にかけて非常に波立った不安定で範囲はバウンドされた市場になると信じています。

ユーロ/ドル テクニカル分析2012年12月27日

Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.