ドル/円 テクニカル分析2012年12月21日

Christopher Lewis

Normal 0 false false false EN-US JA HE

ドル/円のこの組は木曜日のセッションの間 ほとんど下落したが、84 レベル辺りで再び支持した。ローソクの結果はハンマーであった、これを見かけると必ず強気である。 だからといって、この組が離陸する準備が完全であると思う必要はないと思う。単に最近のブレイクアウト後のため休んでいる事はないとも思う。                                              

私はこの組を売るものに沿ったラインは,何であっても取引しないだろう。しかし私は全く正反対に、この市場に非常に非常に強気である。横向きが挽く間があると思う、しかし最終的に触媒はこの組をはるか高値にさせるだろう。

 日銀はインフレ目標を押し上げる必要があるために"円の印刷"を簡単な規約でする必要があると認めました。彼らは経済成長に拍車をかけるためにインフレを日本で必要とし、そしてこれを実現する最も簡単な方法は通貨を切り下げる事。

皮肉にも基本的にこれは、連邦準備制度理事会が権限として行うことで、その結果、自国通貨を殺す事を期待している2つの中央銀行間にあるでしょう。

84 は非常に重要です

 84 レベル自体が重要と言われている限り、一般的なエリアはもちろんとして、私は行きません。今週のブレイクアウトで埋められたギャップは今後も支持を提供し続けなければいけないことが分かります。それとは関係なく、日本銀行は円の価値を下げるために市場を再入力する可能性がある。いずれにしろ、この市場を短絡させる事に関心がありません。

 たとえ少し自制心を失うとしても、83レベルも同様に支持の行為が見られると信じます。実際にこの組がさらに下落するほど、もっと興味が持たれるのは、支持の兆候に関して買う際にあります。今後、極少しの牽引に気づく事ができるのであれば、近いうちに90のような高値を見るべきであると信じています。確かにこれは来週起きようとはしていませんが、今後、数ヶ月の間に起こる事ができます。結局、遅かれ早かれ、財政の崖議論が解決されるだろうと思います。また前方へ、この組をより高く押し上げる触媒である可能性があります。それにもかかわらず、早晩にこの組が110くらいに上昇するのを見ると思います。

 

ドル/円 テクニカル分析2012年12月21日



Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.