ユーロ/ ドル テクニカル分析 - 2013.1.28

Christopher Lewis

この EUR/USDペアは、金曜日のセッション中に、買い手が市場を支配するように、別の強気がありました。1.35レベルを今現在はテストしていて、確かに週の盛況のうちに終了したが、それを打ち抜く事が出来なかったのは面白い発見です。

このペアは、チャート上で最も重要なスポットにいます。長期チャートを見た場合、150レベルが大規模な抵抗である間、1.20レベルは大規模な支持線であることが分かる。道として、大規模な整理統合領域へのケースを形成する事ができる。このため、1.20 の途中から 1.50 の間の1.35 レベルは、多くのトレーダーは通常は"中間点" に注意する。

同じ長期のチャートを見ると、我々は現在、反転パターンのヘッド&ショルダーを形成していることがわかります。ネックラインは、1.35レベルのものであり、もちろん、これは1.20レベルまでの下降を測定します。この15ハンドルパターンは、1.50レベルにから出る、または単に、この大規模な統合パターンの先頭に戻ってきていることを示唆している。

正常な状態に戻る?

私は6年ほど前に、初めて外国為替取引を始めたとき、最も簡単な取引の一つは、単にこのペアの"押し目買い"する事でした。その使用のために、実際のトレンドは永遠に実行されるように、非常に簡単な努力である。我々は、古い相関関係の多くは戻ってくるのを参照し始めて、その結果として、ペアの一方は、人々が将来に向かって推移することです。

ユーロ/ドル テクニカル分析-2013.1.28

私はしっかりとこの1.35レベルを破るならば、我々は昔の"押し目買い"に、戻ることを信じています。このため、非常に簡単な取引に前進するので、この問題の発生を願っています。それは最終的に、これらのレベルでユーロを使用して、新しい金融政策を実施する理由を感じないことを、最近のECB(欧州中央銀行)の出したコメントに基づいて、あなたが所有を"許可"されている通貨を持つのは素晴らしいことです。ほとんどの中央銀行が自国通貨を皆殺しにしようとしている世界では、これは強気に参加するのための、大規模な緑の光、ゴーサインを与えます。



Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.