テクニカル分析:ユーロ・ドル-June13, 2013

|

By デイリーフォレックス

水曜日のEUR/USD相場は1.33水準を下回ったが、その水準下にこの領域に戻って上抜きする十分な買いを発見した。この関連から市場はハンマーを形成し、それは1.33水準が今後サポート動行をしない事が示された。もしこの場合であれば、完全にこの市場が1.34台に到達し、おそらく下降トレンドラインがチャートに描かれるのを期待します。

週足チャートで形成された下降トレンドラインは比較的に重要である。この事例からしてウィークリートレンドラインの上抜きは考えられない。単に欧州連合(EU)が現時点で十分な問題を持っているという理由はもちろん、FMO は来る会議を見てる。もしFRBが近く金融緩和政策の先細りを明確にするか否か、それが起こる前には長期を有すると示唆する。- この市場が再びバラバラになると予想します。また、欧州株式市場の状況に関して非常に懸念する必要がある。今のところ、MIB, IBEX, FTSE, そしてCAC の全て非常に脆弱に見える。

短期トレードのみ:Short-term trade only

この動行を見ると短期トレードがベストでしょう。実際に、この市場は不安定だったので、ユーロは短期取引以外ありえない。これはかなりの不確実性が存在し、さらにサマータイムのせいである。夏は一般的にボリュームの減少、それは特に円関連市場で見てきた大規模なスウィングの一部である可能性がある。この事例から、特定の取引に賭ける時は、ボラティリティが致命的になりえるので非常に注意する必要がある。

一方では、もし水曜日の取引セッションで形成したハンマーの底をブレイクに持っていけた場合は、これはご存知"ハンギング・マン” である。この発生は非常に弱気の兆候を意味するので、下げ戻して1.30水準へと導くと予想される。

テクニカル分析:ユーロ・ドル相場-June13, 2013

クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。