週刊為替予想:主要通貨相場-Jun 2,2013

Christopher Lewis

By デイリーフォレックス

ユーロ/ドル

この市場はまだコンソリデーションにあり、およびより長期チャートがトレーダーによって有効に使用されるには少しタイト過ぎると見なします。現時点で市場は、1.28水準と1.32水準間で、およそ400 pipです。市場は先週の大半は下落したが、コンソリデーション領域の底が弾み、かつハンマーを形成するのに十分な支持を提供したことが分かる。1.30水準は崩れたが、金曜日の投売りの際–1.30ハンドルをどうにか再び取ったので、1.32 水準へ向かって行くと示唆される。

週刊為替予想:主要通貨相場-Jun 2,2013

豪ドル/ドル

先週のAUD/USD 相場は, 0.9650水準以下を破って急落。この領域は過去に大規模な支持領域であり、その結果から、この領域以下の投売り市場であり、市場の事実問題で実行される。この領域以下のブレイクは市場が0.95水準を取る準備ができた事を意味する。この水準をブレイク するのは私の意見としても0.90水準へと下がるでしょう。
事実、オーストラリア準備銀行の火曜日の会合は、このペアも同様に主な要因でプレイできるでしょう。

週刊為替予想:主要通貨相場-Jun 2,2013

ポンド/ドル

先週のGBP/USD相場は下落したが、1.50水準に2週間連続の支持を発見した。先週に形成されたハンマーは、市場がわずかの足を探している様に見える。しかし、ハンマーのトップはちょうど1.5250水準以下なので、市場は1.55水準へと続けるためには、今後その水準を破る必要がある。

週刊為替予想:主要通貨相場-Jun 2,2013

NZドル/スイスフラン

先週のNZD/CHF相場は、キウイドルが徹底的に打たれたことから大幅に下落した。市場は全体として"リスク選好度"市場を表し、そして価格行動に基づいて忍び寄る恐怖が多少あったように見える。0.75水準のブレークは多くの悪いニュースの可能性が高く、突然に焦点を当てる事意味します。0.75 水準はもちろん支持を提供するが,その結果として、世界の市場のリスク選好度は現状のままになります。

週刊為替予想:主要通貨相場-Jun 2,2013



Christopher Lewis
クリストファー・ルイスは、コロンバス、オハイオベースの為替トレーダーです。 従来のEUR/USDの組から、よりエキゾチックなUSD/RUBの組へ、広い範囲の間に取引を楽しんでいます。

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

0 User comments

exclamation mark

コメントが適切であることを確認してください。また、コメントがサービスや商品、政党、キャンペーン資料、投票の提案を宣伝するものではないことを確認してください。虐待的、下品、攻撃的、脅迫的、嫌がらせの言葉、またはあらゆる種類の個人攻撃を含むコメントは削除されます。不適切なコンテンツを含むコメントも削除されます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.